Bootstrap-2-1-Is-the-Latest-Update-to-Twitter-s-Popular-Open-Source-Project

テーマ作成時に基盤に使える5.7用bootstrapテーマを作りました

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

concrete5のadvent calendar 10日目を担当します。

昨日は弊社の田原くんが「concrete5を導入するなら、発注側も制作に関わると良いかもしれない。という話。」という記事を書いてるのでクロスキューブ2日連続です。

テーマ作成時に使えるテーマを作りました。

テーマ作成を開始するとき、まず最初何をしていますか?
僕の場合ですが、elementalはすでに色々されているので、Bootstrapを落としてきて読み込ませて、まっさらなテーマを作るんですが、これが毎回面倒でした

なので、毎回作ってるものをテーマ化しました
自由にお使いください。

https://github.com/playamp1/bootstraptheme

使い方は簡単。
ダウンロードしてきて、application/themesに放り込むだけです。

実は以前、弊社の田原と一緒にそれっぽいの作ったんですが、
page_theme.phpをelementalからコピーしてきただけとか余計な記述を残したままにしてたり、less対応が中途半端だったりしたので、改めて作りました。(作業時間10分)

lessをそのまま扱えるのはかなり便利。

bootstrapをcssでそのまま扱うのは、正直あまりやりたくない作業です。あの膨大なファイルを干渉させずにいじるのは至難の業です。

LESSは非常に便利。

なのでmodified.lessにどんどんオーバーライドする感じで記述していけばたいていなんとかなるんではないかなと。ただしcontainer幅を調整するとかは適宜本体を弄る必要がありますのでご注意ください。

ただconcrete5のlessのコンパイルが正直ちょっと重いです。
本番動かすようなサーバであれば、割とさくさくなんですが、開発環境とかだと、ちょっとしんどい場合もあります。

cssで事足りるという場合には、css版も入れてあるので、
header_top.phpを適宜書き換えてください。

基本のテーマ作成に時間をとられるのはもったいない。

concrete5はデフォルトブロックが充実してるので、かっちりと作りこまなくてもどんどんコンテンツを追加、変更していけるのが、メリットです。

それなのに、結局かっちりとテーマやらページタイプやらが完成してから原稿流し込み、というのは時間がもったいないと感じることが多々有ります。

なので、最低限のものを作り、そこからどんどんコンテンツ追加を始めてしまうというのもいいんじゃないでしょうか。

このテーマはそのテーマ作成工数を削減する一つの方法として、使って貰えれば幸いです。大したものではないですが、結構使えると思いますよ。

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket