Wordpressロゴ

concrete5の強みと弱みを振り返る

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

クロスキューブの山崎です。

最近、お客さんのところでconcrete5のことを話していると、前よりもconcrete5を既に知っているケース(名前だけ知ってるも含め)が増えてきて、いいことだなーと思っていたりしています。

ただ、ここ1、2年ほどで成熟してきて、これから日本国内に大きく広がってくるフェイズだと思うので、まだ知らないケースが多くて、あまり知らないお客さんにconcrete5がいったいどういうものか説明することが多いです。

コーポレートサイトなど発信ベースのサイト制作の場合には、「高機能な汎用的なCMS」という伝え方で問題ないのですが、通常スクラッチで開発するような独自性の高いサービスの制作というケースだと、大きな勘違いをされるケースが多くあります。

なので改めて強みと弱みを理解しておこうと思い、ここに残しておきます。

WordPressと比較されるケースが多い

どうしてもCMSという単語が出るとWordpressと比較したくなる気持ちになりますよね、僕もでした。まずここで明示しておくとWordpressとは全くもって別物です。触ればすぐに分かります。

WordPressの場合、初めて触った人はきっとこう思ったと思います。「これはブログを作るツールだ」と。以前に佐々木がこの記事でも書いてますが、僕もWordPressはブログを作るのには非常に良いツールだと思っています。実際このブログを書いてて「なんて使いやすいんだろう」と日々日々感じてます。

それに比べるとconcrete5はインストール直後、以下の様な画面になります。(もちろん最初から何かしらのテーマを当てることもできます)

concrete5のデフォルト画面
何もない画面。上部ナビに「編集」ボタンがある。

何もないし、なにが作れるのかわからない、そんな画面です。concrete5は何かのサービスに特化していなくて、ひたすら汎用的なCMSです。

ECサイトを作る場合ときはそれに特化した「EC-CUBE」や「Magento」。ブログなら上記でも書いたように「Wordpress」などがありますが、もし特化したCMSがありますが、特化したCMSがないサービスを作る場合は?

WordPressなど他のCMSをゴリゴリとカスタマイズしたり、スクラッチで作る方法もあると思います。もちろん良い点もたくさんありますが、期間も費用もすごいかかるので大変です。だから出来る限り近道をする方法として汎用的なCMS、つまりconcrete5という選択肢があります。

開発のためのフレームワークとして

concrete5は、地味だけど絶対にWEBサイトに必要な機能はたいてい揃っていて、逆に言えば無駄な機能は入っていません。なのでそこに足りない機能を足していくことで希望のサイト制作が行えます。これはWEBアプリケーション・フレームワークに近いんじゃないかなと考えています。(concrete5自体もZend Frameworkで動いていますが )

なので、ケースによっては「CMSだけどWEBアプリケーション・フレームワークみたいに使える」って伝えちゃってもいいんじゃないかなと思ってたりします。

その上、知識のない人でもわかりやすい運営のための機能がいっぱい付いてるので、素敵なことじゃないでしょうか。

結局のところ、強みと弱みはというと

強みについては、「何かに特化していないからどんなサイトにも利用しやすい」っていうところ尽きるんじゃないかなと思っています。逆に弱みは特化型のCMSにはどうやっても勝てません、たぶん。

なので、WEBサイトを作りたい!って言う時に、それに特化したCMSを探してみるのがいいんじゃないでしょうか。それでもし良いものが見つからなかったら、concrete5を使うか検討いただくのがいいんじゃないかなと思っています。

クロスキューブでは、concrete5を使って様々なWEBサービスから社内ツールまで制作を行っておりますので、いつでもこちらからご相談ください!

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

「concrete5の強みと弱みを振り返る」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。