1797972_654239814633068_1355545552_o

concrete5本 出版記念ワークショップで金沢に行ってきました!

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

クロスキューブの山崎です。

先日の出版記念セミナーに引き続き、弊社代表の佐々木と株式会社The Mars Knowledgeの代表の石嶋さんと石川県の金沢にあるコワーキングスペース「cafe? IKAGAWA DO」へ行ってきました!

concrete5ワークショップの様子

cafe? IKAGAWA DO」は五十川さんが運営しているコワーキングスペースで、おしゃれなバーカウンターがあったりスーファミが置いてあったりと、すごい居心地のいい空間でした。

でワークショップなんですが、前半は石嶋さんよりTwitter Bootstrapを使ってサイトデザインを作ってみるワークショップ、そして佐々木からはその出来上がったデザインをconcrete5に組み込み、完成という流れです。

なぜTwitter Bootstrap?

ご存じの方も多いかと思いますが、Twitter BootstrapはCSSフレームワークのひとつです。よく使うものがまとまっていたり、非常に便利なものなので、デザイナーの方はもちろん、ディレクターやエンジニアの方もぜひ覚えておきたいツールかと思っています

もちろんTwitter Bootstrapを使ったデザインもconcrete5に組み込めますので、concrete5を使ったWEB制作にも有効な手段だと思います。

WEBデザイナーさんだけでなく、学生さんからWEB制作には直接関係の無い方たちも参加されていたのですが、実際にレスポンシブデザインが適用されたWEBサイトがどんどんできちゃってました。

Twitter Bootstrapすごい!

bootstrapとconcrete5について説明

肝心のconcrete5は…

concrete5はデザインの組み込みがかなり簡単なんです。また別の機会にここで書きますが、最低限の組み込みだったら、phpのコードを5つ覚えるだけで、組み込みができます。

なので、htmlとcssさえ用意できていれば簡単なんです。ただまだいくつか問題もあって、Twitter Bootstrapを使った場合、concrete5の基本機能のレイアウト機能を使うと、ちょっとおかしなことになるケースがあったりします。(次期バージョンでそこは修正されるそうです!)

とはいえ、他のCMSと比べても非常に簡単で、ワークショップの時間内で出来てしまいました。これは本当にconcrete5を使う上での強みですね。

ワークショップが終わった後、入口にステッカーを貼ってもらって、参加者の方と五十川さんと記念撮影しました!

ありがとうございましたー!

concrete5ステッカーを店頭に

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket