ブログのワークフローと権限設定 – concrete5 Ver.8.1.0

子ページの権限設定
Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

友人に、concrete5 Ver.8.1.0でのブログのワークフローがうまく動かない!と言われたので、「んなバグ知らんなー」と思い、設定してみたら見事にハマったので、備忘録代わりに書いときます。

権限設定まわりはいつまで経ってもハマるなぁ…

concrete5でのブログの権限設定

ブログでワークフローを使いたい、となると、通常下記の様な運用を実現したいという事になると思います。

  1. 編集者グループのユーザが記事を作成・編集
  2. 管理者グループの人間が記事を確認後、承認・却下のアクションを実行
  3. 記事が公開・差し戻される

この場合、記事一覧ページが親ページとなり、各記事のページがその下にぶら下がっていく構造になると思います。

各記事は編集者が編集できないといけませんが、ブログトップは管理者しか編集できない権限を設定しないといけません。

しかし、concrete5のデフォルトでは、子ページは親ページの権限を継承する事になるので、そのままだと親ページであるblogページに対して編集者による編集権限を与えないといけません。

こんな時は、子ページの権限設定を親ページからの継承ではなく、ページタイプのデフォルト権限を使用します。

そうすると、「親ページのblogページは管理者しか編集できないが、その子ページである各記事は編集者権限のユーザも編集できる」という権限設定が可能になります。

さあ、そんなconcrete5の最も素晴らしく便利で難解なページの権限設定についておさらいしましょう。
“ブログのワークフローと権限設定 – concrete5 Ver.8.1.0” の続きを読む

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

Ver.8 から使えるExpressオブジェクトとは?

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

この記事はconcrete5 Japan Advent Calendar 2016の4日の記事です。3日の記事はacliss19xxさんの「検索ブロックのカスタマイズ」、5日の記事はmizuno.fumitoさんの「concrete5をウェブサービスのベースとして活用する」です。
この記事と合わせて読んでみてください。

concrete5 Ver.8 が12月1日にやっとリリースされました!

新しいUI、機能が盛りだくさんのメジャーバージョンアップ、concrete5 Ver.8がやっと出ました!
たくさんの新機能の中でも僕が一番注目し、喜んでいるのが Express オブジェクト です。

Express オブジェクトをわかりやすく言うと、concrete5の中にMS AccessやKintoneの様なデータベースを作れる機能です。凄いんですコレ。

今日はそんな新機能のExpressオブジェクトの使い方をご紹介します。 “Ver.8 から使えるExpressオブジェクトとは?” の続きを読む

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket